妊娠ガイド > 妊娠中の性生活

妊娠中の性生活について

妊娠中の性生活は、全面禁止というわけではありません。しかし、性交は、特に妊娠初期(妊娠15週、4ヶ月)がすぎる頃までは、流産の危険を招く要因となりますので、注意が必要です。腹部に圧迫をかけるような姿勢は禁物。刺激を与えすぎない、回数を減らす、さらに清潔を心がけるなどの配慮が必要です。また、次のような異常が見られたらすぐに中止し、またたとえ回復しても、以後最低でも1週間は性交を避けるべきです。

☆次のような症状に注意
●おりものが多い
●出血がある(少量でも危険信号)
●熱がある
●下痢をしている
●破水した
●下腹部に痛みがある

セックスが引き金となって、流産や早産、破水、陣痛が起こるのは、妊娠末期が最も多いといわれています。
●妊娠初期・・・26.3パーセント
●妊娠中期・・・5.3パーセント
●妊娠後期・・・21.1パーセント
●妊娠36週以後・・・47.4パーセント
(柳田洋一郎 周産期医学 参考)

妊娠初期
特に15週(4ヶ月)までは、性交が流産の引き金となりますので、警戒が必要です。回数を減らすこと、子宮を強く刺激したり、腹部の圧迫をしないようにします。

妊娠中・後期
妊娠16~35週(5~9ヶ月)は、比較的母体が安定している時期です。初期や末期と比べると安心できるとはいえますが、この時期は子宮が大きくなり、腹部のふくらみもめだって来るころです。胎動も始まりますから、やはりあまり刺激しないようにすることや、腹部への圧迫は避けるべきでしょう。

妊娠末期
特に胎児の頭が下がってきたら、結合を浅くし、回数も極力控えてください。36週をすぎたら、避けたほうが無難でしょう。